3000年の歴史を持つビワの葉療法



「ビワの葉療法」というのを をあなたはご存知でしょうか?

びわの葉とは初夏の頃 果物屋さんで見かけるあのビワの葉のことです。

この大きくて硬い葉が昔から万病に効くこと、そしてガンにさえ効果が期待できることを知っている人は残念ながら数少ないことと思います。

ビワの葉の画像

ビワの葉療法はそもそも仏教医学として発達したものです。

仏教医学とは古代インド医学と仏教を系譜として作られた療法です。

これは実に3000年の昔お釈迦様が説かれた仏教の教えを中心とした医学ということです。

インドの古い経典の中にビワの樹のことを「大薬王樹」ビワの葉のことを「無憂扇」と書かれています。

ビワの樹について大般涅槃経 巻第九の如来性品の中に「薬効のある植物は色々とありますが、もっとも効果があるのはビワの樹で 枝・葉・茎の全てに薬効のある成分が含まれている」という一文が書かれています。

水に混ぜて服用しても良い、傷に塗っても良い、炙っても 手に触れただけでも良いとされ、生きとし生けるもの全ての病気を治すと説かれているのです。

3000年の昔から病名も分からない難病奇病に苦しむ人々が祈りを込めてビワの葉で撫でられることによって癒されてきたのです。

なぜ仏教と医療が密接に関係しているのかと言うと、昔から「心」とともに「身体」の苦しみを救う医療は宗教活動そのものであったからです。

聖書の中にもイエスキリストが多くの病人を癒したという奇跡の記録が残されています。

また世界の皇族と呼ばれる人達には「ロイヤルタッチ」という 手かざしで人々を治癒させたという記録も残っています。

これは人間の心と身体は不可分のものだからです。

さて、ビワの葉療法は日本に1500年ほど前の奈良時代に中国を経て仏教とともに伝来しました。

聖武天皇の730年に創設された施薬院でビワの葉療法が行われていた記録が残っているのです。

このようにビワの葉療法は仏教医学として伝えられましたから日本各地のお寺には必ずといって言いくらいビワの樹が植えられています。

これは人々や村人たちの病気を救って生きた歴史を物語るものなのです。

中国、明代の代表的な本草学研究書「本草綱目」にはビワの葉の様々な薬効が記されており、その効果の素晴らしさを賞賛しています。

古来から、ビワの葉を使った様々な療法が考案されてきましたが、最近では手軽に美味しくビワの葉の薬効成分を摂取できる「ねじめびわ茶」が人気のようです。

ねじめびわ茶の悪い口コミを集めて検証してみました!